スタッドレスをノーマルタイヤに交換しました!

先日(3月末)に雪が降り、数センチ積もりましたね。
1年に1回は、雪が積もりますねぇ~
でも、4月に入って、もう雪は大丈夫だよね!

ということで、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに、タイヤ交換しました。

みなさま、大変ご無沙汰しております。
っていうか、更新が止まってから、もう3年が経つんですね(汗)

前にも書いたかな?
実はワタシ用にジムニー(JB23-9型中古)を買いまして。
ソリオは妻用、私はジムニーなんです。

で、色々あって、今はソリオは妻の実家に置きっぱなし、ジムニーメインで生活しております。

でも、ソリオも手放せない理由があって。
月に何回か様子を見に行ってます。

スタッドレスからノーマルタイヤに交換します。
スタッドレスからノーマルタイヤに交換します。

タイヤの交換って自分でやってます?
最近はスタンドや整備工場で交換が多いと思うけど、手順ぐらいは知って手の良いと思うんです。
なので、今更ながらではありますが…ソリオのタイヤの交換手順をご紹介します。

準備する物は

  • 車載ジャッキ
  • トルクレンチ(プリセット?プレセット?タイプ)
  • 19ミリのソケット
  • 空気圧計
  • 空気入れ(エアコンプレッサー)

柄の長いレンチを使わないと、ナットが外れないし締め付けできません。
もちろん車載工具の中にもレンチはあるけど、できれば一定のトルクで締められる「トルクレンチ」は欲しいですね。

で、空気入れ(電動エアコンプレッサー)なんですが…
ガソリンスタンドとかでも空気圧の調整はできますが、かなり抜けてる可能性もあるので。
タイヤ交換後に空気圧の調整が必要なので、できればあった方が良いです。

保管してあるノーマルタイヤ
保管してあるノーマルタイヤ。

交換するノーマルタイヤ。
2本しか写っていませんが、もちろん4本あります。

実は前のスタッドレスを夏でも履いてて、昨年新しくスタッドレスを買ったので…

純正のアルミホイール&純正のノーマルタイヤ。
あんまり走ってないので、溝も残ってるし表面も荒れてないようです。

スタッドレスタイヤのナットを緩めます。
スタッドレスタイヤのナットを緩めます。

では早速交換しましょう。

まずはホイールナットを4本緩めます。
かなり固く締まってるので、柄の長いレンチで緩めます。
※私はトルクレンチで緩めました。

ジャッキアップポイントはココ。
ジャッキアップポイントはココ。

車載ジャッキをかけるポイントはココ。
U字になっている金具に掛けます。
ココ以外で掛けちゃうとボディが歪むので、必ずジャッキアップポイントに掛けてくださいね。

タイヤが浮くまで、ジャッキアップします。
タイヤが浮くまで、ジャッキアップします。

タイヤの交換でいちばん大変なのが「ジャッキアップ」。
特に前輪はエンジンの重みがあるので、ジャッキアップにも力がいります。

1センチほどタイヤが浮くまで、がんばってジャッキアップします。

外したタイヤはボディの下に入れておきます。
外したタイヤはボディの下に入れておきます。

ホイールナット4本を外して、スタッドレスタイヤを取り外します。
外したタイヤは、ジャッキが外れてボディが落下しないように、ボディサイドに置いておきます。

ジャッキアップ中に固くしまったホイールナットを緩めるのは大変危険なので、ジャッキアップ前にかならず緩めてくださいね。

ノーマルタイヤを取り付けて、ボルトで固定します。
ノーマルタイヤを取り付けて、ボルトで固定します。

ノーマルタイヤを取り付けて、ホイールナットで固定します。
ジャッキを下ろしてから本締めするので、ココではナットが緩まない程度に締めておきます。

外したタイヤを抜きジャッキをダウンさせてから、本締めです。
本締めは、トルクレンチで100Nくらいでいいと思います。
ココでのポイントは、「ホイールナット4個とも、同じ力で締める」です。
なので、トルクレンチがあったほうが良いのです。

対角でしっかり締めていきます。

リアも同じ要領で交換します。
リアも同じ要領で交換します。

前2本の交換が終わったら、後ろの2本も交換します。

後ろは前と比べて軽いので、ジャッキアップも楽です、
ジャッキアップポイントは、U字型の金具です。

空気圧を調整します。
空気圧を調整します。

4本とも交換が終わったら、空気圧を調整します。
規定の空気圧は、運転席側のドアを開ければ書いています。

165/65 R14の場合は、フロント2.8・リア2.6ですね。

なんと!フロント1.6しかありません(汗)
なんと!フロント1.6しかありません(汗)

タイヤの空気は、わずかですが徐々に抜けます。
フロント1.6しかありませんでした。
これでは走れないので、空気を充填します。

電動コンプレッサーで充填します。
電動コンプレッサーで充填します。

アストロの電動エアコンプレッサー。
3千円くらいだったかな?
ジムニーの空気圧を調整するために買ったのですが、もちろんソリオにも使えます。

エア充填完了!
エア充填完了!

電源はシガーソケットから取ります。
エンジンを掛けて空気圧を設定(フロントなので2.8)して、電源ON!
数分で充填できました。

2,8に設定すると、2.85でストップします。
おそらくホースを抜く時に空気が少し抜けるので、若干高い数値で止まるのだと思います。

タイヤ4本の空気圧を調整したら、とりあえずタイヤ交換終了です。
1時間半程かかりましたが、スタンドなどで有料で交換してもらうよりは良いですよね。

10~50キロほど走ってから、ホイルナットの緩みがないか点検します。
私は60キロほど走ってから点検しました。
何本か若干緩んでましたので、100Nで増し締めしておきました。

ホイールナットの緩みと空気圧、時々点検されるといいと思います。

ということで、久しぶりの更新!
タイヤ交換の巻でした。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。
でわ!

※Youtubeチャンネル
channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 15 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください